2009年06月29日

厳選!GUMIのポテンシャルを知るためのジェバンニ良曲集10

やー始まりましたね。新ボーカロイドMegpoidの投稿が続々!
自分は買ってませんが性能の高さにビックリしてます。
今更新しいの出たって驚かないよ。。。なんて耳を遠ざけずに、これから買おうと様子見の人もこちらでチェックしてみて!

Megpoid(メグッポイド、GUMI)って何?という方は公式HPへ
http://www.ssw.co.jp/products/vocal/megpoid/info/

※6/25〜6/28にニコニコ動画へ投稿されたオリジナル曲で、個人的に完成度が高いと思う作品、買い手の参考になりそうな作品を載せてます。音楽の好みはそれぞれなので、聴く人によっては参考にならないかもしれません。ご了承ください。

1.「blue bird」投稿者:とくP

アンジェラ・アキ等を手掛けるマニピュレーター・阿部尚徳さんのボカロ2作目。声は強めのエフェクト掛かってますが芯の通った力強い表現はさすがの一言。趣味でこのレベルを目指すのは酷な気がしますがw一枚絵を効果的に動かすセンスも光ります。

2.「宵闇のアウグスティン」投稿者:Nem

本作が初投稿、ですが音楽活動歴は長くコンテスト入賞経験もお持ちの実力派さん。普段は自らも歌うようです。優秀なソフトとはいえ初でこの調整力は凄いですね。ファンタジーな歌詞に疾走感のあるリズムが冴えます。

3.「DRIVE TO THE MOON」投稿者:U-ji

恐らく発売前に一番準備された動画じゃなかろうか?(笑)Flashでぬるぬる動くキュートなGUMIに釘付け。曲は得意のチップチューン+AutoTuneボイス。ミク18番の分野でも十分に力を発揮できますね。

4.「Keep on shining」投稿者:ROY

タイトルにもありますが聴かせどころはBメロ〜サビ頭のがくぽのコーラスでしょうか。ルカとの相性もなかなかでしたが同じ事務所の先輩(笑)だけにこんなに合うんだと驚かされます。こういうモスキート的な使い方は今後増えそうな予感。

5.「Drive Life」投稿者:のりP

otetsu氏とともにジェバンニに定評のある作者のGUMI2作目。絵師・秋赤音さんとのコラボは今後も続くのでしょうか。90's小室サウンド好きにはたまらない爽やか夏の王道進行。こちらもがくぽをコーラスに起用していますが安定感、相性ともバッチリです。

6.「エンドレス」投稿者:キャプミラP

女性ボカロは低音に弱いと言われがちですが、こちらの曲ではしっかりと歌ってくれています。音域的にはレンと近いかな。ちょっと古めかしい中毒性のある4ビートテクノ。GUMIの動きが笑えます。

7.「私の彼は戦国武将」投稿者:ぶりるP

14歳リンチャーズのぶりる氏。ネタ曲なんて言わないでください。いや、ネタだけど。80'sアイドルソング調に血生臭い(笑)歌詞そしてキラーン☆・・・星間飛行とは違うけど、3次元寄りのアイドルポップは一番合うボカロじゃないだろうか。

8.「ナナメ・ワールド」投稿者:つるつるP

大人への成長を描いた曲。今のところ数少ない?バンドサウンドでもそつなく歌いこなしてくれてます。が力強さはやはり物足りないか。シャウトさせた曲はまだ出てないみたいですがエフェクト次第で化けるかもしれません。

9.「ロボット」投稿者:吉影

もうテーマとしては定番となりつつある?ロボット。バラードもGUMIが歌うと可愛らしくなります。CVシリーズに比べると生声っぽさが際立つので感情の抑揚を追求したい人は使えるかも。

10.「Forever Tears」投稿者:seleP

最後は高音のベンチマーク。聴いた中では最高音域で歌ってます。さすがのGUMIでもこの音域は他ボカロ同様細くなってます。聴き苦しいというレベルにはならないので、ボカロならではの曲を作りたい人はご参考に。


解説は適当ですんで明らかにミスってる部分以外はツッコまぬよう。
全部聴いた上で選びましたが、これ書いてる間にも100曲超えそう・・・もう追い切れない(+o+)
素敵な曲がどんどん追加中なので有志のマイリストで発掘してね!

メグッポイド/GUMI できるだげ全曲集(6/25〜)
http://www.nicovideo.jp/mylist/12946407
posted by marimo at 05:11| Comment(0) | 動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。